【食糧人類】漫画ネタバレと感想まとめ

食糧人類 ネタバレ情報

人類生存を賭けた食物連鎖パニック!

食糧人類

食糧人類

目を覚ましたとき、僕は食糧になっていた!

タイトル名 食糧人類
作者 蔵石ユウ/イナベカズ/水谷健吾
最新話 36話

 

SPONSORD LINK

 

食糧人類 増殖種について

食糧人類で登場する増殖種。
ナツネが完全な増殖種です。

 

食糧人類 

 

増殖種は、腕一本、足一本、下半身が欠損
しても中枢神経を破壊しない限り再生しつづけ
ることが出来ます。

 

食糧人類 

 

下半身がなくなってもわずかな時間で完全に
再生します。食糧人類の巨大生物に対抗
出来る唯一の手段といってもいいです。

 

食糧人類

 

もともと増殖種は、巨大生物に人間の肉を
供給するために巨大施設”ユリカゴ”でつくら
れた生物です。

 

ナツネの母が増殖種を生産するために施設内
にいたが、脱走し身を潜めてナツネを産みました。

 

巨大生物の肉供給のために作った増殖種ですが
まさか巨大生物の対抗手段になってしまうとは
想像もしなかったことでしょう。

 

人類を喰らう巨大生物の対抗手段はもはや
皆無とも思われていましたが、増殖種ナツネ
の活躍で人類を救うことが出来るかもしれません。

 

食糧人類 

 

>>食糧人類 実写化についてへ

 

SPONSORD LINK


inserted by FC2 system