【食糧人類】漫画ネタバレと感想まとめ

食糧人類 32話ネタバレ

人類生存を賭けた食物連鎖パニック!

食糧人類

食糧人類ネタバレ

目を覚ましたとき、僕は食糧になっていた!

タイトル名 食糧人類
作者 蔵石ユウ/イナベカズ/水谷健吾
最新話 37話

 

スポンサードリンク

 

食糧人類 32話ネタバレあらすじ

ちょっと、ちょっと待ってくださいよ!!
どーゆーことですか肉体改造手術って!?
一体誰がやるんでうすか。

 

手術は、私、桐生が責任を持って執刀します。
そして肉体改造後は、夕凪の会の会員となって
いただき、施設内の保安維持に努めて頂きます。

 

わかんないですよ!なんで
俺たちが改造されなくちゃいけないんですか。
あの方を殺したって言いますけど、俺たちは誰も
殺してませんよ。

 

何を言ってるんですか、、何を。
殺したでしょ?殺しましたよっ!!!
ホラぁ、ホラあああ。

 

コレ、殺してるじゃありませんか!?
この男は貴方たちの仲間でしょ。

 

あの方って、人間じゃなくて、あのヘンな
生き物のことですか!?

 

ヘンな生き物・・・。そうか知らんのか。
あのお方は、神だ。厳密に言うならば万能なる
神にもっとも近い存在。

 

食物連鎖 

 

あの方たちに比べたら我々人類なぞ毛の
少ないサル同然だ。そもそもあの方たちが
どこから来たかわかりますか?

 

他の星より宇宙船に乗ってこの星に
来られた。我々毛の少ないサルなぞ想像
すらつかない遥かに進んだ科学技術と知識
を携えまさにこの地上にご降臨された。

 

近年深刻化し続ける温暖化現象。
あれは彼らの御業である。我々下等な猿には
気象を操作する技術は無く文字通り手も足
も出ない。唯一解決できるのは彼らのみで
あり地球上の行きとし生けるものすべての
生殺与奪権は彼らが握っているのだ。

 

我々が出来ることと言えば我らに対する
絶対的服従のみ!!

 

この施設は、人類の体組織、特に脂肪を
好む彼らに安定した供給を、市井の一般
市民には混乱と騒動を防ぎ秩序と安寧を
提供する。

 

それを目的として政府が作ったのがこの
「ゆりかご」と言うわけだ!
数多ある欲望の最大公約数だ。

 

桐生の話に伊江が反論する。

 

それでイイんですか?
ヤツらと戦いもせず向こうの要求をただ飲んで
挙句には絶対的服従を強いられる。
それでイイんですかっ!?

 

人類にだって武器もあれば兵器だってある
でしょ。なぜ一致団結して戦おうとしないん
ですか!桐生さんあなただって本当は嫌じゃ
ないんですか!?
ヤツらの手先になって働くなんて、人間として。

 

食物連鎖 

 

ちょうど三人いますからね。
これにしましょう。
三人を切開し縫合するとなれば・・・。

 

桐生が伊江の話を聞きもせず、ついに
改造人間の手術の準備をはじめる!

 

食物連鎖 

 

伊江、カズ、オグラの三人はこの窮地を
抜け出すことが出来るのか!絶対絶命!!

 

スポンサードリンク

 

食糧人類 32話 感想

桐生の話で食糧人類の謎がまた明らか
になってきました。巨大生物は他の星
から来たヤツらだったんですね。

 

何で神と崇めているのか不明です。
桐生は相当あたまのイカれた人物です。
ただ、桐生のようなイカレキャラがいるから
こそ食糧人類は面白いんです。

 

改造人間にされそうな伊江たちは
この窮地を乗り切れるのか。

 

そして、ナツネ・山引組はいつになったら
登場するのか!?

 

次に話がもう待ちきれません♪

 

>>食糧人類 33話ネタバレへ

 

スポンサードリンク



inserted by FC2 system