【食糧人類】漫画ネタバレと感想まとめ

食糧人類 20話ネタバレ

人類生存を賭けた食物連鎖パニック!

食糧人類

食糧人類

目を覚ましたとき、僕は食糧になっていた!

タイトル名 食糧人類
作者 蔵石ユウ/イナベカズ/水谷健吾
最新話 36話

 

SPONSORD LINK

 

食糧人類 20話ネタバレあらすじ

マンションから飛び降りたナツネ。
こんな高いところから飛び降りたら生きてる
ハズがない。

 

しかも落ちたところで車にひかれ体が真っ二つに!
これはもうダメだ。確実に少年の命は絶たれた。
しかし、そうではなかった・・・。

 

食糧人類 

 

早く来い!逃げられちまうぞ!!
増殖種をよく知っている刑事が急いで現場に。
パトカーの下をのぞきこみナツネを確認する。

 

ナツネの下半身だけ残っている。
上半身がない、逃げられた。

 

痛いのを必死でこらえてはいずりながら
ナツネは、下水道に逃げていた。
上半身だけの身体を引きずりながら。

 

食糧人類 

 

いたい、いたい・・・。でも逃げなきゃ。
ママに言われたんだ。逃げろって・・・。
ここで終わるワケにはいかない。

 

ナツネは体の変化に気づきはじめた。

 

ん、なんでだろう?い、痛くない。
自分の足を見ると下半身がもとどおりに!

 

食糧人類 

 

ママのまほう?
増殖種のナツネは体が再生する。

 

 

数年後・・・

 

工事現場で働く男に声をかける男。

 

あんた、津島さんだろ?

 

なんだよ、全然進めねーぞ、警備員どこいった。
なにしてんだよ、あれ、いない・・・。

 

何すんだよ、持ち場を離れるわけには・・。
クビになったらどうしてくれるんだよ。

 

食糧人類 

 

久しぶりだな、俺の顔を覚えてるか?

 

お前、あんときの・・・。
てめぇ逃がしたせいで俺は警察クビになって
責任とらされて、通報してやる。

 

俺は何者だ、手短に答えろ。
ナツネは、津島の目の前にナイフを見せる。

 

教えてやってもいいけどタダってわけには・・。

 

ナツネは、津島の鼻を切り落とした。

 

食糧人類 

 

普通の人間は、切り落とすと二度と再生
しないらしいな。俺は普通の人間の気持ち
がわからないんだ。残念ながらな・・・。

 

ナツネは、津島の指を細かく切り落としていく。

 

俺は普通の人間ではない。
ある施設で開発・品種改良された特殊な人間。
最大の特徴は、異常なまでの高い再生能力

 

腕一本、足一本、下半身が欠損しても
中枢神経を破壊しない限り再生しつづける。

 

死ぬまで肉を供給しつづける。
そのためだけに生まれた。

 

人の肉を大量に必要としている奴らがいるらしい。
その需要にこたえるべく俺はつくられた。

 

そしてママは、俺を生産するための材料だったが
施設を脱走して街に身を潜め俺を産んだ。
俺の力は何の役にたつのだろうか?

 

増殖種として雄一の成功例の俺を・・・。

 

食糧人類 

 

SPONSORD LINK

 

食糧人類 20話感想

ナツネの過去が完全に明らかになりました。
施設の人間を食糧とする巨大生物の
唯一対抗出来るのが増殖種のナツネです。

 

21話では、ストーリーが現代に戻りますが、
これまで巨大生物にやられてばっかだったので
とことん懲らしめてやってほしいです。

 

主人公すら伊江からナツネにかわっても
いいぐらい、ナツネがかっこよすぎです★

 

>>食糧人類 21話ネタバレへ

 

SPONSORD LINK


inserted by FC2 system