【食糧人類】漫画ネタバレと感想まとめ

食糧人類 2話ネタバレ

人類生存を賭けた食物連鎖パニック!

食糧人類

食糧人類

目を覚ましたとき、僕は食糧になっていた!

タイトル名 食糧人類
作者 蔵石ユウ/イナベカズ/水谷健吾
最新話 37話

 

SPONSORD LINK

 

食糧人類 2話ネタバレあらすじ

おそらくここは人間の飼育室、
または人間の肥育場というべきか・・・。

 

食糧人類 

 

それって色々変じゃないですか?
ココにいる僕らも殺されて食べられるみたい
じゃないですか!!
そもそも人間が人間を食べるだなんて、
共食いなんてありえないですよ。

 

混乱する伊江。

 

そして思い切り部屋の扉を叩いてここから
出してくれと叫んだ。
開けてくださーい!すいませーん、ココを・・。

 

ナツネは、思い切り伊江の頬を殴る。
余計なことしやがって!
やはりさっき縊りころせばよかったな。

 

食糧人類 

 

ナツネ、くれぐれも殺しては行けませんよ。
山引がナツネがやりすぎないよう忠告する。

 

ナツネと山引はどういういきさつで知り合ったのか。
いずれにせよ強力な人物であることに間違いない。

 

やばいヤツが来た!いいか、命が惜しかったら
絶対に振り返るんじゃないぞ。

 

なにか大きなものが部屋に入ってきた。
山引とナツネの忠告通り伊江は、
正気を失い例の液体を飲むフリをした。

 

「何があっても」って一体何があるんだ!?
なんだ、なんの音だ。
まるで何かが這っているような・・・。

 

触角のようなものが伊江の目の前に・・。
何があっても絶対に振り返ってはならない。

 

こんな太くて長い触角なんて一体何の生物が?

 

触手はブクブクに太った人間を次からへと
切り裂き食べて行く。
恐ろしい、でも動いたら自分も食べられてしまう。

 

食糧人類 

 

伊江の後ろには巨大なモンスターが!!
この部屋はその化け物の食糧部屋だった。

 

SPONSORD LINK

 

食糧人類 2話感想

人間飼育場と聞き、混乱する伊江。
ココを出してくれと叩いた衝撃で巨大イモムシ
のようなものが入ってきて人間を食糧に
次々と食していきます。

 

巨大イモムシのような怪物に次々と人間が
食されていく光景は驚異的でした。

 

この飼育場では、この怪物のために人間が
ブクブク太らされているいるのです。
悲しい思いしかありません。

 

本当に、誰が何の目的でこういうことを
しているのか気になります。
食糧人類の真相をより知りたいと思う
ようになりました。

 

>>食糧人類 3話ネタバレへ

 

SPONSORD LINK


inserted by FC2 system