【食糧人類】漫画ネタバレと感想まとめ

食糧人類 10話ネタバレ

人類生存を賭けた食物連鎖パニック!

食糧人類

>>今すぐ食糧人類を読む<<

食糧人類

目を覚ましたとき、僕は食糧になっていた!

タイトル名 食糧人類
作者 蔵石ユウ/イナベカズ/水谷健吾
配信サイト

コミなび
(android / iPhone対応)

最新話 28話

 

人気コミック「食糧人類」の試し読みは、
コミなび公式サイトで完全無料です。

 

>コミなびで無料試し読み

 

サイト内、「食糧人類」で検索!

 

食糧人類 10話ネタバレあらすじ

なんだ、ありゃ?人喰ってる!!
巨大サナギから孵ったモンスターが清掃員
を食している。

 

俺たち完全に袋のネズミなんじゃないか!
伊江達は身を潜めていた。

 

食糧人類 

 

アイツがどっかにいかない限り、ずっと閉じ込め
られたまま、いつどこかに行くんだ!
10分後か1時間後か、3日後か・・・。

 

アイツが俺たちに気づいたらこんな薄い鉄板
のドアなんかすぐに壊されてしまう。
もし見つかったら、アイツの食糧となって全員
食べられてしまう。なんとしても避けねば・・。

 

伊江は見つかったときを想像する。
すぐに鉄板のドアをぶち壊されて体は真っ二つ!

 

食糧人類 

 

すぐにヤツの胃袋の中に!!死にたくない。

 

伊江の汗が垂れるのを瞬時に山引が
指で受け止める。

 

なんかこの二人(山引、ナツネ)と一緒だと
この状況から抜け出せる気がする。
伊江はふと思った。

 

巨大なモンスターが立ち去るのをジッと見つめる
伊江たち。しかしそこにもう一体の巨大なヤツが
やってきた。2体で食糧となった係員を食している。

 

食糧人類 

 

状況はさらに悪化した。
これで見つかったら終わり、施設からは出られない。

 

2体の巨大生物が係員を食糧として食べる。
あまりの悲惨な光景に伊江は絶句する。

 

そして、2体のモンスターが伊江たちに気づく。
ヤバい、見つかったぞ!!

 

食糧人類 10話感想

伊江たちの絶対絶命のピンチ!
掃除用具入れに隠れた状態ですが、
あんなデカイカマキリに見つかったら
一貫の終わりです。

 

見つかった瞬間、巨大カマキリの食糧になって
しまいます。しかももう一匹来てしまいました。

 

伊江たちの気配に気づいてしまいますが、
この局面を抜け出せるのか!見物です。

 

>>食糧人類 11話ネタバレへ

食糧人類 試し読みはこちら

人気コミック「食糧人類」の試し読みは、
コミなび公式サイトで完全無料です。

>コミなびで無料試し読み

サイト内、「食糧人類」で検索!

無料で読めるコミック多数アリ!
キャンペーンも随時開催中。
食糧人類読むならコミなびで決まり!

inserted by FC2 system